本文へスキップ

NPO法人中野ふくし倶楽部は、東京都中野区で介護支援事業所を運営しています。

TEL. 03-3384-5616

〒164-0011 東京都中野区中央4-53-7 YHNビル1F

あおぞら在宅介護支援サービスCARE and HELP

ごあいさつ

 2000年の介護保険制度発足と同時に、「指定居宅介護支援事業所」「指定訪問介護事業所」「障害者支援費制度の指定居宅介護事業所」として「あおぞら在宅介護支援サービス」を運営しています。
 私たちが目指す在宅介護は、画一的でなく、一人ひとりが個性豊かにその人らしく生きられること。できるだけ自由に、一人ひとりの人権を尊重し、誰もが人として尊ばれること。どこまでも対等に地域社会で生きる人々との連帯、地球環境を守る、平和への願いを大切にすることです。
 そのために、地域社会の「福祉力」を高め、豊かな人と人の関係を構築していくことが大切だと思います。その基準にあるものは、日本国憲法第25条です。
 あおぞらのスタッフ一同、心を一つにしています。


居宅介護支援とは

○○○○○○○○イメージ

「介護サービスを利用するために、最適な計画をたてます」

 主に高齢の方が対象です。ケアマネジャーが、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスを利用するためのケアプランを作成し、そのプランに基づいて適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を行います。
 ケアプランの作成に、利用者の負担はありません。

訪問介護(ホームヘルプ)とは

○○○○○○○○イメージ

「ヘルパーがご自宅にうかがい、サービスをおこないます」

 主に高齢の方が対象です。訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護(身体介護)や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援(生活援助)をします。また、通院などにもヘルパーがつきそいます。


障がい者支援とは

○○○○○○○○イメージ

「ヘルパーがつきそい、介護・支援をおこないます」

 主に障がいのある方・児童が対象です。
 あおぞらでは、自宅で食事・入浴・排泄などの介護をおこなう居宅介護、重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方に、介護や移動の支援をおこなう重度訪問介護、視覚障害のある方の移動につきそい、代筆・代読・援護をおこなう同行援護、外出・通学などにヘルパーがつきそう移動支援のサービスを提供しています。


お気軽にご連絡ください。

あおぞら在宅介護支援サービス
TEL.
03-3384-5616
受付時間 平日 9:00〜18:00


バナースペース

NPO法人 中野ふくし倶楽部
あおぞら在宅介護支援サービス

〒164-0011
東京都中野区中央4-53-7
YHNビル1F

電話 03-3384-5616
FAX 03-3384-5617
受付時間 月〜金 9時〜18時